経済戦略と国際情勢

救国済民。来るべきこの国の大量経済難民を、どう救うか

2009年10月

中国と組めば国を滅ぼす−民主党外交政策への論駁−

(「国際戦略コラム」サイトの「米経済政策に矛盾?」(10月31日)の記事に対する反論です。)
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/211031.htm

----------------------------------------------------------------------------------------

『「中国経済がダメになる理由」副題:サブプライム後の日中関係を読む 石平×三橋貴明 共著(PHP)』を読む(10月26日 「Ddogのプログレッシブな日々」)
http://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38/30091226.html

抜粋ではあるが、上記の記事をよく読んでみればいい。

>>米国の覇権が崩壊する前に、次の世界体制をアジアが作ることであると見る。その中核は日中韓の3国である。(「国際戦略コラム」 F氏)

中国に革命民主主義政権ができれば話は別だが、今の中国と組むのは最も危険だ。
イラン、北朝鮮を利用して、一国の国益のみしか考えない中国の国際政治の外交手法は、そのまま日本にも適用される。

幕末の財務大臣ともいうべき小栗忠順が、経済的にフランスの協力を求めた愚策が思い出される。この愚策に対して勝海舟は、日本はフランスの植民地となり果て滅んでしまうと言って激怒した。

外交無知な日本民主党は、中国との同盟まで視野に入れているようだが、アメリカに「対等な関係」を主張するのは、憲法9条を改正し中国の軍事力と肩を並べてからの話だ。

それまでは、アメリカの国家的圧力、アメリカの経済的搾取が気に入らなくても、「国家としての実力」を育成できるまでは、アメリカに追従しているべきだ。

冒頭で記した書籍記事から見ても、今回の世界大不況が長期化すれば中国共産党の独裁体制は崩壊する可能性がある。

「中国失業者の暴動増加と米中経済闘争」
http://blogs.yahoo.co.jp/bluesea735/29601424.html

アメリカ追従が悔しいのなら、「国家力」を高めるあらゆる可能性を追求するべきだ。
憲法9条の改正もなしにアメリカとの「対等な関係」を主張する鳩山政権の外交政策など、赤ん坊の戯れ言に等しい。


DOMOTO
http://www.d5.dion.ne.jp/~y9260/hunsou.index.html
http://blogs.yahoo.co.jp/bluesea735

イランの中東シーア化政策 ―サウジ、シリアとの代理戦争(イラク、イエメン)―

アメリカに対してイランと共闘していたシリアは、サウジアラビアとの関係改善を図っている。
サウジアラビアとシリアは、イラクでイランとの代理テロ戦争を行い、イエメンでは隣国のサウジとイランが代理テロ戦争を行っているようだ。

ワシントンのハドソン研究所の日高義樹氏によれば、中東地域のシーア(派)化を狙うイランが、最もシーア(派)化の標的にしているのは、サウジアラビアだという。

イランは、中東地域のシーア(派)化の方法論として、核兵器開発よりもより実戦的な「テロ戦争」を推進しているようだ。

邦訳記事では、9月近辺に「中東TODAY」サイトがこの動きを追っていた。
http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/

英文記事では、「Google news」でキーワード検索を休日に結構試みたが、中東でのイランによるシーア化政策を背景とした、イラン、サウジ、シリア間の顕著なテロ戦争の記事の多くを読むことができなかった。
時間の制約のない方は、調べるとかなり面白いと思う。

---------------------------------------------------------------------------------------------

シリア、サウジが関係改善 両首脳「協力の地平開く」(10月8日)

http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100801000167.html

【カイロ共同】サウジアラビアのアブドラ国王は7日、シリアの首都ダマスカスでアサド大統領と会談。国営シリア・アラブ通信によると、両首脳は「それぞれの国家の利益において、新たな協力の地平を開く」ことで一致、2005年のハリリ元レバノン首相暗殺事件などでぎくしゃくしていた関係の改善を表明した。
 親米のサウジは世界最大の産油国で、レバノンと近い関係にある。シリアはイランとともにパレスチナのイスラム原理主義組織ハマスやレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラを支援している。関係改善は、中東地域全体の安定につながる可能性があり、オバマ米政権が目指す中東和平にも弾みとなりそうだ。
 AP通信によると、アサド氏側近は記者団に対し「シリアとサウジの関係は非常に前進した」と述べ、会談の成功を強調。会談ではパレスチナ自治区におけるユダヤ人の入植活動の中止などについて、共にアラブ諸国や国際社会への呼び掛けを強めることが話し合われたという。
 アブドラ国王のシリア訪問は05年の即位後初めて。ハリリ元首相暗殺ではシリアの関与が疑われ両国関係は悪化したが、米国がシリアとの対話路線に乗り出したことなどを受け、サウジは7月、召還していた駐シリア大使を再び指名、関係改善の兆しが出ていた。

2009/10/08 09:16 【共同通信】


DOMOTO
http://www.d5.dion.ne.jp/~y9260/hunsou.index.html
記事検索
張 良

プロフィール

DOMOTO

QRコード
QRコード
RSS
執筆予定 2019.8.20 記
『国際情勢の英文サイトを 本業の片手間に読むテクニック』

応援クリックお願いします!